児童発達支援って?

児童発達支援とは、0歳から小学校入学までの年齢のお子さんで、発達に心配のあるお子さんが通うことのできる福祉サービスです。

言葉の遅れや感情の起伏が激しいなど、少しでも心配なことがあればそれに対応するプログラムを組んで支援していきます。

たとえば、1歳6ヶ月検診や3歳児検診などで少し発達が遅いかなと思ったり、こども園などに入園してから集団行動になかなか合わないなど、不安に感じた時は相談してください。集団のペースでは難しくても、個人のペースに合わせてじっくり成長していく機会を設けることができます。

解説の最新記事8件