放課後等デイサービスって?

放課後等デイサービスは、小学校に上がった年齢〜18歳までの発達に心配のあるお子さんが通う福祉サービスです。

障害者総合支援法事業者ハンドブックには「障害児が生活能力の向上のために必要な訓練を行い、及び社会との交流を図ることができるよう、当該障害児の身体及び精神の状況並びにその置かれている環境に応じて適切かつ効果的な指導及び訓練を行うものでなければならない。」と書かれています。

とても難しいですが要は、「社会生活がきちんとできるようにその子に合った訓練をしてね」ということですね。

よく児童クラブ(学童、学童保育、放課後児童クラブなど。以下、児童クラブ)と比較されることがありますが、児童クラブは女性の社会進出を目的としているため、お母さんが働いている間に預かりをしてくれる場所としての役割が強いです。一方放課後等デイサービスは、同じように放課後に子どもを預かりますが、その目的はその子自身が社会の中で生活できることを目指して取り組んでいく場所になります。

それぞれの目的に合わせて使っていけるといいと思います。

解説の最新記事8件